オーストラリアWWOOF体験談⑨!ヒールズビル動物園に行ってきました!

こんにちは!オリカです。

2019年6月~7月にかけて、オーストラリアとイタリアの2カ国でWWOOFをしてきました!

これから海外でWWOOFをする予定の人、オーガニック・有機・ビオに興味のある人、有機農業について学びたい人に向けた体験記を数回に分けてお送りしていきます。

体験談の記事リストをご覧になりたい方はこちら(クリックで移動)(随時更新・追加していきます。)

ヒールスビルサンクチュアリ動物園

今日は、まる1日WWOOFをお休みして、アンジーが写真のコンテストに出す動物の写真が撮りたいという事で、一緒にビクトリア州立の「Healesville Sanctuary」動物園に行ってきます!

自然の中を歩きながら、オーストラリア固有の動物が至近距離で観られて、子どもだけでなく、大人も楽しめるところです。

年間会員であり、幾度となくここに訪れているアンジーが色々と動物の解説しながら案内してくれました。

一気に写真でご紹介していきます!

↓オーストラリアと言えば、コアラ。寝ているか食べているか。移動している姿は結構レアなんだそうです。

↓よく落ちないよなあ…。

↓こんな至近距離で!

↓赤ちゃん、可愛い~!仲良くお食事。

↓本当に自然の中にある動物園です。敷地内を全て歩いて回ると広いのでかなりの時間がかかります。

↓エミューです。カッコいい~

↓何考えてるんだろう(多分なにも)

↓ペリカンって、近くで見ると結構本当に怖いです。意外と大きいです。

↓特に口を開けるとかなり怖い。あと、目も怖い。

↓結構、ペリカンを見て泣き出す子どもが多いそうです。分かる。

↓タスマニアン・デビルです!

↓仲良し。

↓”Grumpy”な顔がいい。

↓鳥にゴハンをあげられるふれあいゾーンもあります。

↓鳥は、模様を観るのが楽しいですよね。

↓くちばしにいっぱい付けて…。幸せね。

↓カメラ目線ありがとうございます。でも、葉っぱで目、隠れてます。

↓1日に何回かバードショーも開催されています。訓練された鳥が観客の真上を飛び回る度に大騒ぎ!

↓人に見られるのが恥ずかしい子もいれば……

↓人の目など全く気にしない子も。笑。自分のう○こまでさらけ出してくれて。

ここに上げた写真は、施設のほんの一部です。

時間の関係で、全部の動物を見ることは出来ませんでしたが(それくらい本当に広い)、これ以外にも「カモノハシ」や「ディンゴ(オーストラリア固有の野生の犬。かっこいい!」、「ハリモグラ」や「ウォンバット」、「各種爬虫類」など、大変多くの動物を生で見る事ができます。

時間帯によって開催されるショーやプレゼンテーションなどもあり、カフェやフードコートで、軽食が食べられるので、丸一日楽しめますよ!むしろ、1日かけても全部回りきれないと思います。

入り口付近には品揃え豊富なお土産屋さんもあります。私は自分用に蛇のピアスを購入。

子どもと行くと本当に喜ぶと思いますし、大変勉強にもなると思います。もちろん大人だけで行っても、とても楽しいです。

入園料は大人が38$2,500円前後です。子どもは15歳までは平日19$、1,300円前後、土日祝は無料3歳までは無料。その他、シニア割引や障がい者割引、グループ割引などがあるようです。

Healesville Sanctuary 公式HPはこちら(英語)

ヒールズビル自然動物園への行き方

私とアンジーは近所なので車で行きましたが、バスが出ています。

685番のバス:Lilydale駅~Healesville(月~金)。土日は園まで出ています。

686番のバス:Healesville~Badger Creek(月~金)

 

オーストラリアって、公立の動物園や水族館がたくさんあって、子どもが自然学習をするにはとても良い国だなあ、と感じます。

メルボルンはワインも有名

メルボルンは、オーストラリアでも美味しいワインが有名なところ。

帰りに、アンジーの友人が営んでいるワイナリーでワインを飲むことに。

↓テラス席に座って、ワインを頂きながら景色を楽しむ…

↓全面ぶどう畑!

↓帰りには、眺めのよいアンジーお気に入りのスポットで。

身近に自然がすごく多いのは、本当にオーストラリアの羨ましいところだと毎日感じます。

写真撮影の1日でした。

屋外のナイトバンド!

ファームに帰って、夜はアンジーの友人が入っているバンドの屋外コンサートに誘われて行きました。

みんなで食べ物を持ち寄って、火を囲んで踊ったりお酒を飲んだり話したり。

「NO PARKING」というバンド名。ジャンルはロックンロール…かな?

 

WWOOFに関して他の体験談記事をご覧になりたい方は以下の記事一覧のお好きなところからどうぞ!(随時更新・追加していきます。)


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする