オーガニックマークを”売り”にすることには意味がない?

 

こんにちは!オーガニックコーディネーターオリカです。

オーガニックのマーケットは世界中で急成長しており、各国で基準の差はありますが、第三者の認定を得たという認証マークがついているものが一般的に消費者に信用されやすい傾向にあります。

日本の例でいうと、「有機JASマーク」がこれにあたりますね。

このマークがある商品は、農林水産省の有機JAS規格の生産方法に則って生産され、第三者に認証を受けた商品である証なのです。このマークがなければ、「オーガニック」や「有機」という表示は出来ません。

最近では、食品だけではなくオーガニックコスメなども、数ある海外の認証マークを商品購入の基準にする傾向も見受けられます。特にオーガニックが盛んなヨーロッパでは食品や化粧品を始めとした様々な分野で大変多くの認証団体が存在し、認証マークが付与された商品を世界に輸出し続けています。

オーガニック認証マークの役割とは

一般的に、オーガニックの商品は認証マークの有無で信用の度合いが違ってくると考えられます。

むしろ、役割のほとんどが「信用を高める」という点であり、消費者はパッケージに付いているマークを見るだけで、どの認定機関のどんな認証をクリアしているのかがひと目で分かるうえに、商品にも付加価値がつきます。

認証マークは販売者も購入者にもメリットがある、というわけです。

しかし、ここで一つ考えてもらいたいのです。

オーガニック認証マークが無い商品は、あるものと比べてオーガニックとしての質が劣るのか?

ということです。

本質を見ることの大切さ

何らかのオーガニック認証マークがあるか無いか、というのは「0か100か」の問題です。

では、認証マークがないものはオーガニックとしての価値が0しか無く、認証マークがあるものは100の価値があるのでしょうか。皆さんご存知だと思いますが、そんなことはありませんよね。

オーガニック認証マークは「任意取得」ですので、たとえ認証基準と同じような生産方法をしていたとしても、認証マークを取得していない場合もたくさんあります

認証にもよりますが、確かに有機JASなどのオーガニック認証の取得は割と厳しいと言われています。だからこそ、実際に厳しい基準をクリアしているので認証マークのある商品は信用されやすいです。

しかし、認証マークが無かったとしてもオーガニックとして質の高いものを売っている場合はとても多いのです。

マークの有無を見ることが大切な場合もあるかもしれませんが、マークの有無だけで判断するのは商品の選択の幅を狭めているという意味で、勿体無いです。

私は、オーガニックとしての価値は、動物保護に配慮しているか、自然環境に負荷をかけていないか、誰かが不当に搾取されて傷ついた結果に生産されたものではないか、といったところにあると思っています。

これらは必ずしもオーガニックの認証基準の項目には入っていないかもしれませんが、そのメーカーがそういったところに重きを置くような”クール”で”イケてる”生産者だと分かれば、たとえマークがなくても購入したいと思わせられます。

オーガニック認証マークは、取得すればそれはそれである程度厳格な基準なだけに、とても意味のあることだと思いますが、それだけでなく、消費者としては商品に込められた生産者の信念までも気付けた時に、小さな喜びを見つけられるのではないでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする