オーガニックwebメディアでライターの仕事を受注する時の注意点

 

こんにちは!オーガニックコーディネーターオリカです。

今回は、オーガニックや健康関連のウェブメディアで、ライターとして仕事をしようと思っている方に向けて、私の実体験からいくつかの注意点をご紹介させていただきたいと思います。

ライター初心者なら、相場は0.5円~1円/1文字

よっぽど高度に専門的な知識を保有している専門家(医療従事者や法律家など)でない限り、たいていの場合は、どの分野のライターでも初心者は0.5円~1円/1文字くらいが報酬の相場です。

これより低い報酬を提示してくるクライアント(発注者)からの仕事は、分が悪いと考えてよいでしょう。私も、オーガニック関連以外のジャンルのライターをいくつかさせていただきましたが、1文字0.5円を切る仕事はなかなか辛いものがあります。

実績づくりのため」「ライターとしてのスキルを上げるため」「知識を深掘りするため」と、下積みだと割り切って出来る方はよいですが、ある程度稼ごうと思っている方は、0.5円以下の仕事をむやみに受注すると、続けられるものも続かなくなります。

1円を超えるものはかなり高報酬と思ってよいでしょう。目安にしてみてください。

自分が書きたい内容が書けない場合が多くある

これは、私が以前オーガニックメディアのwebライターとしてお仕事をいただいていた時の実体験から感じたことです。

そのクライアントは、物販を中心に行っているオーガニックウェブメディアでした。クライアントとしては、必然的に「読者に記事を読んでもらい、不安な気持ちを刺激して商品を購入してもらったり、何らかの行動を促す」という方向に持っていきたいというのがすぐに分かりました。(これは普通にどの企業の戦略としても行われていることで、これに対しては今回は何も言うつもりはありません。)

ただ、そのクライアントが提示する記事の書き方のガイドに沿って記事を書いていくと、自然と「私が本来書きたい内容からどんどん逸れていく」という現象が起こってくるのです。

要は、言葉を選ばなければ「読者の不安を煽って消費行動を促すような記事を書くために、都合の良いデータや研究結果だけをつぎはぎにして、苦し紛れに記事を書いている」。そんな作業を繰り返していました。

さらに、出来上がった記事を納品すると、実際に掲載される時には、私の書いた内容が一部消されていたり、加筆されていたりと、部分的に編集の手が加わっていました。(誤字脱字の修正や文言の言い回しなどのリライトではなく、内容がするっと変わっているのです。)

著者プロフィールも載せてもらっていたので、「これはちょっと仕事がしにくいな」と思い始め、結局、そのオーガニックウェブメディアでのお仕事は辞退。

報酬をもらってお仕事をいただいている以上は、クライアントの要望に沿った内容のものを書かなければなりません。

一度、そのウェブメディアの他の記事を注意深く読んでみるとよいかもしれません。言い過ぎた表現だったり、無理のある記事だと思ったりすれば、要注意です。

コピペや無断転載は絶対にNG

ライター初心者の方は、悪気なく他サイトからのコピペや、無断転載をしてしまうことがあります(ある程度の経験を積んだフリーのライターでもしている人はいますが…)。

これは、著作権法にひっかかりますので、元サイトのライターや本の著者が著作権法違反で訴えれば、罰せられてしまいます。

そうなれば、クライアント(発注者)に迷惑がかかるだけでなく、自分のライターとしての道はほぼ絶たれると思ってよいでしょう。

もし、他サイトからの引用をする場合は、引用であることが分かるように記述し、引用元を記載しましょう。転載する場合は、あらかじめ許可を得てから、転載元を記載しましょう。

他の記事を読んだり、そのウェブメディアの全体の雰囲気を掴むことが大切

個人的には「読者を扇動するために、無理のある内容の記事を書き続けることに限界を感じる」ということ、「リライトの範囲を超えた、内容そのものに手を加えられることに違和感を覚える」、これらが原因でクライアントと衝突するフリーのオーガニックライターは一定数いるのではないかと思っています。

特に、オーガニックや健康に関して強い信念や考え方を持っている方ほど、そういったクライアントの要望と自分の書きたい内容に歪みが生じ、息苦しくなって辞めてしまう可能性が高いです。

やはり一番は、他のライターが書いたそのウェブメディアの記事をいくつか読んでみることだと思います。そしてそのウェブメディアの全体の雰囲気を掴むこと。注意すべきは以下の点です。

  • 都合のよい研究結果のデータをつぎはぎしたような記事が多くないか
  • 読者の役に立つ記事か
  • 読者の不安を煽るような記事が多くはないか
  • ライター個人を尊重しているか(プロフィールを分かりやすく載せているか、など)

感覚的なことなので見極めが少し難しいですが、とにかく「自分に合わないな」と思えば、根気強く他のウェブメディアを探して比較検討してみてください。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする