有機野菜と無農薬野菜の違いとは何?

 

こんにちは!オーガニックコーディネーターオリカです。

有機野菜無農薬野菜の違いをご存知でしょうか。

有機野菜と無農薬野菜の違いをごく簡単に説明すると、次のようになります。

  • 有機野菜=農林水産省の有機JAS規格に定められた方法で生産され、有機JASマークのある野菜。いわゆるオーガニックの野菜。有機JASマークなしに、「有機人参」や「オーガニックトマト」などと表示すると、優良誤認で景品表示法などの法律に抵触する恐れがある。

有機JASマーク

  • 無農薬野菜明確な定義や法律、規格や基準はない。場合によっては優良誤認と判断され、景品表示法にひっかかる場合もあるので注意が必要。

有機野菜≠無農薬野菜

有機野菜とは?

「有機玉ねぎ」や「オーガニックブロッコリー」など、有機」または「オーガニック」と表示される野菜には、とても厳格な基準を持つ農林水産省の有機JAS規格によって定められた方法で生産された有機JASマークが付与されています

有機JASマーク

言ってしまえば、これ以上でもこれ以下でもなく、有機JASマークがあるものは「有機野菜」や「オーガニック野菜」、それ以外は「普通の野菜」となります。

ちなみに有機JASマークが付与されていない野菜に「オーガニック〇〇」「有機〇〇」などと表示をし、優良誤認と判断されると、法律に抵触する可能性があるので注意が必要です

有機JAS規格については以下の記事をご覧ください。

有機は無農薬?

有機野菜だからと言って、無農薬とは限りません。有機野菜の作り方を定める有機JAS規格では、「農薬を使わないのがベストだが、規格によって定められた自然由来の農薬なら使用できる」とされています。

また、「家畜の糞尿を肥料として使っている野菜だから有機野菜」と思っている方がいますが、これは誤解です。

確かに、有機栽培では家畜の糞尿由来の肥料を使う場合もありますが、有機栽培だからと言って動物の糞尿を使っているとは限りません。この点については、以下の記事を参考にしてください。

ちなみに、有機JAS規格で使用可能な「農薬」には、テントウムシ合鴨などの害虫にとっての天敵や、害虫忌避効果のあるハーブなどの植物があります。

無農薬野菜とは?

無農薬野菜というものには、基準がありません。生産者が「これは無農薬野菜です」と言っても、その野菜を第三者が判定して「これは確かに無農薬だ」という明らかな根拠を示すことができないのが現状です。こういった表示は景品表示法に触れる恐れがあるので、注意が必要です。

また、「低農薬野菜」や「有機無農薬野菜」といった消費者に誤解を与えるよう表示は表示違反にあたります。

さらに言うと、仮に本当に「無農薬」だったとしても、防虫剤や害虫駆除剤、枯葉剤などの農薬が不使用なだけで、化学肥料や土壌改良材を使っていたり、収穫から消費者の元に運ばれるまでに様々な薬剤に曝されていたりする可能性が否めません。これを、消費者が「無農薬=化学物質フリー=安心・安全」と大きな誤解をする場合があるということがしばしば問題視されます。

有機野菜と無農薬野菜はどっちの方が安心?

まず、有機野菜も無農薬野菜も、食品の安全を保証するものではない、という点を覚えておくことが重要。どちらも、その野菜の「作り方」を指しているだけなのです。

ただし、どちらが比較的安全か?と問い詰められれば、基準が明確で、きちんと第三者に認定されている「有機野菜と言えるでしょう。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする