おすすめのスースーしないオーガニック歯磨き粉「ウルテクラム歯磨き粉」をご紹介!

 

こんにちは!オーガニックコーディネーターオリカです。

オーガニック専門家の私が、実際に使ったものの中から本当におすすめと思ったものだけをご紹介!

今回はデンマーク製のオーガニック歯磨き粉「ウルテクラム歯磨き粉」をご紹介します!

こちらです。

容器は、つるつるしたものではなく、指ざわりがサラサラしている温かみのある素材になっており、持ちやすいです。

キャップはスクリュータイプ(本体とキャップが完全に離れるタイプ)です。

ペーストはほんの少しクリームがかった白です。

滑らかな舌触りで、スクラブは入っていません

味の方は、歯磨き粉特有の「エグくて辛いスースー感」は全くなく、「涼しげで爽やかな味」です。私が使っているのはユーカリ味ですので、ほんの少し「葉っぱ感」や「土っぽい感じ」のある、自然由来らしい味がします。

また、少しですが甘みも感じられるので、辛くてスースー感が苦手な方にはとてもおすすめです。

磨いた後、味が口に残る感じもほとんどありません。それでも、何も付けないで磨いた時と、この歯磨き粉を付けて磨いた時とでは、仕上がりに違いが分かるくらいの、ほどよい洗浄効果は感じられます。

世界的に最も有名な信頼のオーガニック認証「ECOCERT認証」や「アニマルテストフリー」のマークも入っています。

【全成分】欄の、BIOというのは、ヨーロッパの方で「=オーガニック」という意味です。(写真上)

 

また、容器は形状記憶するタイプではなく、いくら押してもこの形をずっと維持するようになっています。

押しても…↓

元通りの形状になります。↓

スースーせず、辛くもなく、程よい甘みがあるので、子ども向きでもあると思います。(※子ども用もあります。)

歯磨き粉は食べ物ではありませんが、毎日口の中に入れるものなので、やはりあまり化学成分が入っていないものを選びたいとずっと思っていました。

塩で磨いていた時もありましたが、「あまり塩っぱいものを毎日というのもちょっと…それにやっぱり磨いた感が少しでもほしい」、と思っていたところ、この歯磨き粉を見つけ、使い始めてからはずっとこの歯磨き粉をリピートしています。

日本製のオーガニック歯磨き粉?

これはデンマーク製のものですが、日本製の「オーガニック歯磨き粉」というのは、私は見つけたことがありません。

というのも実は、歯磨き粉というのは「化粧品扱い」になりますので、有機JASの適用外になるのです。ですから、そもそも「オーガニック(=有機JAS認証)の歯磨き粉」というのは、実際には存在しないのです。

しかし、成分の中にオーガニック認証された成分を入れている場合はあります。

それでも、今の日本では「有機JAS」のように化粧品に対するオーガニック基準そのものがありませんので、化学物質大量の歯磨き粉に、オーガニック由来のものがほんの1%しか入っていなくても「オーガニック歯磨き粉」と謳ってしまえる、という現状があります。

その点では、海外のオーガニック歯磨き粉はきちんと基準を満たして「オーガニック認証」されている場合がほとんどですので、日本製の「なんちゃってオーガニック歯磨き粉」よりは信頼できるのではないかと思います。

ただし、誤解のないように付け加えておくと、「オーガニック(=有機JAS認証を得ていて、基準をクリアしている)」というだけの法的な言葉の定義ですので、日本の歯磨き粉メーカーで「有機JAS認証」がなくても、それと同等、あるいはそれ以上の基準の歯磨き粉を作っているメーカーがない、というわけではありません。

いずれにせよ、パッケージの裏の「成分表示」をご覧いただければ、幾分のオーガニック由来成分が入っているのか、いないのか、ある程度チェックできると思います。

商品名 ウルテクラム ユーカリ歯磨き 75ml / グリーンティー歯磨き 75ml / チャイルド歯磨き 75ml
価格 1,129円
販売/製造 ウルテクラム(URTEKRAM)
HP https://www.urtekram.com/
オーガニック認証 ECOCERT(COSMOS)

 

 


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする