種子法廃止の問題点について簡単に分かりやすく解説!その目的や廃止の理由は?私達の生活への影響も。

 

こんにちは!オーガニックコーディネーターオリカです。

最近ひっそりと話題になっている「種子法廃止」の問題。一体、私たちにどのような影響があるのか、今後の日本の食事情はどうなっていくのか

その問題点論点を簡単にまとめてご紹介していきます。

(この記事は2018年5月1日に作成された記事です。)
(2018年6月26日に一部再編集しました。)

種子法とは?

種子法とは、戦争直後の日本がまだ食糧難だった時代に、国が「よし、日本国民の主食(主にお米。麦、大豆も)だけでも、良質なものを国がしっかり確保して、最低限の食べ物が国民に供給できるように、国が管理していこう!そのためにも国がお金を出そう!と言って制定された法律です。

正式名称は「主要農作物種子法」と言い、「種子法」は通称になります。

日本の食料自給率が他の国に比べてとても低い中(平成28年度で日本の全体食料自給率は38%)、「お米」だけは、ほぼ100%の自給率です。

これだけお米の食料自給率を維持しているのも、種子法によって国が良質なお米の種を管理していたのが理由の一つであると思われます。

参照:
農林水産省(2016)「日本の食料自給率」(平成28年度食料自給率について), http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/attach/pdf/012-4.pdf(参照2018年5月1日).
農林水産省(2016)「日本の食料自給率」(総合食料自給率(カロリー・生産額)、品目別自給率等), http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/attach/pdf/012-3.pdf(参照2018年5月1日).

種子法廃止の経緯と理由

ではなぜ、このように日本国民の食を守ってくれるような法律が廃止になってしまったのでしょうか。

国は「国がいつまでもこの法律で種を管理していたら、一般企業が種子の品種を開発したり研究をしたりする邪魔になるじゃないか。民間もこの種子を自由に取り扱えるように種子法を廃止することで、いろんな企業に活躍してもらって、種子の改良をしてもらおう」ということを主な廃止の理由としています。

種子法廃止の問題点は?

さて、ここからが気になるポイントですね。ここでは、主な問題点を2つご紹介します。

食料の価格が高騰する可能性がある

種子法が廃止されると、種子法のために付けられていた国の予算について「種子法なくなったから、予算が浮いたね。じゃあ予算をカットしようか」という話が出ないとも言い切れません。そうなると、種子の生産に使われていた国のお金のサポートがなくなることにより、お米の生産コストがかかり、どこかにしわ寄せが生じます

それが、お米の価格に反映されて、私たち消費者のところにそのしわ寄せが来る可能性があるのです。

私たちの食の選択肢が狭まるかもしれない

一般企業が種子の開発に手を出し始めると、“より優秀な”種子を作るために頑張り始めます

例えば、害虫に強く、気候の変化にも強く、栄養価が高く、味も申し分ない

一般企業の種子開発によって、こんな「スーパーライス」が生まれたら、日本にこの種子が広まるのは容易に想像できます。

特に、世界規模の大きな企業なら、お金もたくさん持っているので、このような種子開発はすぐにやり遂げてしまいそうです。

一見、こんなスーパーライスがあったら農家の人も消費者もみんなハッピーになりそうな気がしますよね。

しかし、本当のところはそうとも言い切れません。

こんな超優秀なライスが日本中に広まれば、日本中のそれぞれの土地の特色を持った、ユニークなお米を育てている、小規模栽培の農家の人たちの生産が圧迫されて存続が危ぶまれてしまうかもしれないのです。

日本の各地域にはそれぞれの特色や特徴をもった美味しいお米がたくさんあります。

私たちは、その微妙な味の違いを楽しんできました。しかし、種子法廃止によって、そのようなユニークな品種が消えていってしまう可能性も捨てきれません。そうなると、とても極端な話、私たちのお米の選択肢の中には、「スーパーライス」の1つしか残らない日が来るかもしれません

とても極端な話、ですけどね。

(※ちなみに、種子法が廃止されても、「すぐにそのようなローカルのお米の種子の生産が出来なくなるような仕組みにはお金の面ではしない」ということは決定されています。)

他にも議論されている問題はありますが、重複している部分もあるので、個人的には主にこの2点が気になる問題点だと思っています。

「遺伝子組換え」が出回るのではないか、ということに関しての私の見解

中には、「遺伝子組換えの主要作物が出回りはじめて、日本国民の食が脅かされる!」という有識者の方もいらっしゃいます。

その点に関しては、私は今のところ「そうなるかもしれないし、そうならないかもしれない。でも長い目で見たときには、このままいくと、遺伝子組換えのお米や小麦がスーパーに並ぶ日は来るかもしれないね」としか言えません。

そもそも遺伝子組み換え作物に関してですが、このブログの趣旨であるオーガニックの観点から言うと、農薬や化学肥料を使えない有機農産物だからこそ、遺伝子組み換え技術を上手に使って、より強い作物を作ればいいじゃないか、と言う遺伝子組換え肯定派の方もいらっしゃいます。

現在の有機農産物の規格では遺伝子組み換えはほぼ使えませんから、現段階ではどう転んでも交わる議論ではないと思いますが、今回の議論とからめると、興味深い意見だなと思いました。

しかし、今回の種子法廃止はどちらかというと”イケてない”決定だったのではないかと思っています。

参照:
「タネは誰のもの?「種子法」廃止で、日本の食はどう変わるのか―種子の専門家に聞く」, < http://kokocara.pal-system.co.jp/2017/05/29/seed-yoshiaki-nisikawa/> 2018年5月1日アクセス.


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする