オーガニックは安心・安全を保障するものではない

 

こんにちは!オーガニックコーディネーターオリカです。

あなたは「オーガニック」にどんなイメージを持っていますか?

様々なイメージがあるかと思いますが、多くの人は「安心・安全」というイメージを持っていることでしょう。

もはや日本人にとって魔法や呪文のようなこの言葉に私たちはとても惹かれるようで、日常の中にはこの言葉が溢れていますよね。

オーガニック(有機)を「衣・食・住」の日常生活の中に意識して取り入れている人でも、「安心・安全」というぼんやりとしたイメージだけが先行し、その定義を知らない人はたくさんいると感じています。

これでは「オーガニックは安心・安全を保障してくれるものなんだ」と思われても仕方がありません。これは、実際に「オーガニック=安心・安全」という等式を意図せずとも(?)生み出した、オーガニック業界のイメージ戦略の賜物です。

今回は、この「オーガニック=安心・安全」という認識について、考察してみたいと思います。

オーガニックは安心や安全を絶対的に約束するものではない

そもそも、日本で「オーガニック」や「有機」といえば、農林水産省の管轄である「有機JAS規格」に則った方法で生産されたもののことを指します。

しかし、これはあくまで法律上の定義なので、有機JAS規格のことを知らない人からすれば、オーガニックや有機はイメージの範疇を出ることなく、「なんとなく安心で安全なもの」という認識でとどまっていることが多いと感じています。

そして現在、この「実際の法律上の規格や定義」と「頭の中だけの何となく安心・安全というイメージ」の差が少しずつ広がりつつあると思わずにいられません。

つまり、オーガニックや有機というのは有機JAS規格に則った「作り方」を定めたものであって、「安全を保障する」ものではないということです。

例えば、有機野菜は2年以上農薬や化学肥料を使用していない土壌を使用しなければならず、もちろん栽培中も農薬や化学肥料は原則使用禁止で、収穫後も非有機の農作物と混合しない、放射線処理も禁止、など大変細かい「作り方」が定められています。

しかし、これはあくまで「定められた方法で作られた野菜」であって、必ずしも「安全が保障された野菜」ということではないのです。

有機加工食品に然り、オーガニックコスメに然り、です。(※オーガニックコスメに関しては有機JAS規格が適用されないので、国内外のコスメ専用オーガニック認証マークが付与されますが、いずれにしても、有機JASと同じように、あくまで「作り方」を定めたものであって、「安全を保障」するものではありません。)

ここを大きく誤解してしまうと、トラブルにつながったり、思わぬ結果を招いたりすることになるので、注意が必要です。

例えば、オーガニックだから安心だろう、と思って買ったコスメに含まれていた植物が身体に合わず、肌トラブルを引き起こしてしまった、というのは以外とよくある話。たとえオーガニックコスメの認証マークが入っていたとしても、です。

ここで「オーガニックコスメだと思って買ったのに!」と言うのは、「定められた方法で作られたコスメ」を「安全が保障されたコスメ」だと勘違いしてしまった結果なのです。

では、オーガニックや有機のメリットとは?

ここまでの話だけを聞くと、オーガニックに安心や安全を期待していた人からすれば「なんだ、作り方が定められているだけか」とがっかりされる方も多いかもしれません。

でも、そうではありません。

オーガニックや有機には考えられるいくつかのメリットがちゃんと存在するのです。

生産者・製造者として一つの信用材料になる

有機JAS規格に則って生産されたものなら有機JAS認証マークが、オーガニックコスメなら国内外の各種認証団体による認証マークが付与されます。

有機JASマーク

有機JAS規格は農薬や化学肥料、食品添加物などに関して最も厳しい基準を持つ規格で、この有機JASマークがある食品は最も厳しい基準をクリアしたものであると判断できます

(※オーガニックコスメに関しても、大元は有機JAS規格が準じている「CODEX(コーデックス)規格」という世界規模の大きな有機生産ガイドラインを参考にして作られているオーガニックコスメ認証が多いので、コスメに関してもマークがあるものは厳しい基準をクリアしていると判断できるでしょう)

つまり、この有機JASマークがあるものは、「非常に厳しい基準をクリアしたものです」という太鼓判を押されているわけで、それだけ消費者や小売業者からの信用度も高いと言えるのです。

美味しい!

オーガニックの食品はとても美味しい

有機農産物に関しては、農薬や化学肥料の使用はほぼゼロに近いので、健康的で肥沃な土壌から生まれた農産物というのは、とても味が濃く、土地や品種によって味が全く異なり、ユニークでとても美味しいと個人的に感じています。

有機農産物と非有機農産物の栄養価に大きな差異が見られるという研究結果は今のところほとんどないようですが、私個人としては味に大きな違いがあると思っています。

また、有機加工食品に関しても、その味の違いはとても顕著だと感じています。

有機加工食品は食品添加物がほとんど使用されていないので、化学調味料に頼らない素材本来の味で勝負しているところが味の良さにつながっているのではないかと思っています。

環境に嬉しい

農薬や化学肥料は土壌の微生物や小動物の命を奪い、その痩せて元気のない土に染み込んだ化学物質は雨に流され、川や海の生き物に悪影響を与えます。

さらに言うと、汚染された水の中で育った魚や生物を食べた私達の身体も、生物濃縮(食物連鎖において、上位の生物ほど高濃度の有害物質を取り込む)の働きで不必要な物質を摂取する結果になるのです。

その点、有機JAS規格では農薬や化学肥料の使用は原則禁止されているので、環境負荷は比較的少ないと言えるでしょう。

動物実験をしなくて済む場合が多い

これは有機JAS規格というよりも、国内外のオーガニックコスメ認証規格に関することですが、化学物質の使用を極力禁止しているオーガニックコスメでは、同時に動物実験をしていないことを表すマークが一緒に付いている場合が多いです。

コスメに含まれる化学物質が人間の肌に与える影響を調べるために動物実験をしているわけですから、化学物質の使用を原則しないオーガニックコスメの製造において、動物実験をしない、というのは理屈にあっていると言えるでしょう。

 

オーガニックは直接的に安心・安全を保証するものではありませんが、オーガニックを選ぶメリットは多くあります。そのメリットの結果が、私達の安心・安全につながっている、という認識を持つことはとても有益であると考えるのは妥当ではないでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする