オーガニックって、本当は環境に悪いの?

こんにちは!オリカです。

最近、とある本を読んでいたらこんなことが書いてありました。

「~環境への負担が大きいオーガニック等、(略)」

…オーガニックって、環境に悪いんだっけ…?

そこで今回は「オーガニックは本当に環境への負担が大きいのか?」という事について考えていきたいと思います。

なぜオーガニックが環境に悪いと言われるのか

小学生の時のことを思い出してみてください。

給食の献立に、有機栽培オーガニック)の食材を使ったメニューが、たまに出ていませんでしたか?

いわゆる「食育」の一環として、有機栽培された野菜などを使った献立を給食に出している学校もありますね。

それを、栄養士さんが教室に来て説明してくれます。「これはね~、ちかくの〇〇農園さんで ゆうきさいばい された 人参なんだよ~」と。

すると、クラスのAくんが元気いっぱいにこう言いました。

「おれ、しってるー!!!うんことしっこがはいってるやさいなんやろー!きたねえ!」と。

恐らく、Aくんのこの「有機栽培は糞尿を肥料としている発言」をオトナ風に言い換えたものが、「オーガニックは環境負荷が大きい」という考え方なのではないかと思います。

有機栽培=家畜の糞尿を使った栽培方法だという誤解

Aくんは、どこで得た知識かはさておき「有機栽培」は「牛や馬などの動物の糞尿が使われた栽培方法」だと思っているのです。

「オーガニックは環境に悪い」といった内容の情報を調べてみると、「オーガニックの環境負荷が大きいのは、オーガニックが家畜の糞尿を肥料として使用する栽培方法で、その結果チッ素やアンモニアが大量発生し、それを含んだ農業排水が海に流れたり、空気汚染になったり、糞尿に含まれる害虫の卵が孵り、害虫が大量発生する」といった理由から、そのように思っている方がいるそうです。

おそらく、Aくんの頭の中でも、これらの意見を言っている人の中でも、牛や馬の糞尿が生のままバケツか何かに汲まれて、畑に

バッシャアァァ!

と家畜の糞尿が撒かれている光景がイメージされているのだと思います。

おそらく、このイメージが少なからず「オーガニックは環境に悪い」という結論に導いている一つの要因だと思われます。

オーガニックは本当に環境に悪いのか

オーガニックは本当に環境に負担が大きいのか?

私の答えは、9割方 “ノー”です。

まず、そもそも有機栽培では、肥料として家畜の糞尿の使用は基本的に認められていません。日本の有機JAS規格において最も推奨されている肥料は、有機栽培されたものから出る「残さ」を使った肥料です。

「基本的に認められていない」というのは、もし、家畜の糞尿を肥料として使用せざるを得ない場合は、完熟発酵させた状態のものを使用しなければならない、ということです。

完熟に発酵させなければ、みなさんが言うように、チッ素やアンモニアが発生したり、害虫が大量発生してしまったりします。

有機栽培では、土壌の本来の力(微生物やミミズなどの小動物の力)を回復・活用させて、土壌だけでなく、大気や河川、海などの自然環境に負荷のかからない生産方法を目指すものなので、今の有機栽培が完璧だとは言えないかもしれませんが、環境への負荷は慣行栽培よりは少ないのではないでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする