これほどオーガニックコスメがおすすめされている本当の人気の理由

 

こんにちは!オーガニックコーディネーターオリカです。

オーガニックコスメの人気は飛ぶ鳥を落とす勢いで高まっていますが、なぜこれほどまでにオーガニックコスメが注目されているのか、ご存知でしょうか。

今回は、オーガニックコスメがおすすめされている本当の理由について少しだけ考察してみたいと思います。

そもそもオーガニックコスメとは?

オーガニックコスメと言われるモノの実態

現在の日本では、有機JASマーク(主に食品に適用される日本の有機規格)のようにオーガニックコスメに関して明確な規則や、それに適用される法律や基準といったものがありません。そして、法律や規則がなければ、罰則もありません

つまりほとんどオーガニックの成分が入っていなくとも、メーカーが「オーガニックコスメ」と言ってしまえば、それはオーガニックコスメになってしまうという現状があるのです。

ただし、海外のオーガニックコスメで「認証マーク」が付いているものは、有機食品レベルと同等の厳格なオーガニックコスメ基準をクリアしているものが多いので、認定機関に認証されたオーガニックコスメとして、選ぶ際の一つの大きな目安に出来ると考えてよいと思います。

(もちろん、認証の基準は国によっても認定機関によっても若干異なります。ちなみに、認証マークがなくてもオーガニックコスメの基準に達しているコスメも多くあります。)

海外の主なオーガニックコスメ認証マークの一覧は以下の記事を参照してみてくださいね。

なぜ「オーガニックコスメ」がこれほど人気になったのか

オーガニックについて少しでも勉強している人なら、私と同じように感じている方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

有機JAS規格という、農林水産省がJAS法という法律で定めた方法で作られ、第三者認証機関によって認証され、なおかつ有機JAS認証されていないものは「オーガニック」や「有機」と書くと法律で罰せられる、厳格な基準をクリアした「有機食品」は、少しずつ日本でも認識されつつあります。

しかし、法律も罰則もなく、メーカーの任意で表示ができてしまう「オーガニックコスメ」が「有機食品」以上に日本で浸透した理由は何なのでしょうか

動物保護の意識が高まった

従来の化粧品は、動物実験によって人体への安全性を確かめてきました。

ところが近年、動物福祉の考え方がポピュラーになり、動物実験をしていない化粧品の需要が高まっている傾向にあり、海外のオーガニックコスメの認定機関では、「動物実験をしない」というものや「動物由来の原材料を含まない」という基準を設けているところが大半です。

オーガニックコスメの認証マークの隣に「動物実験をしていませんよ」と示すマークが入っているコスメも見受けられる場合があります。

つまりこれは、人々の動物保護の意識の高まりに伴い、動物実験をしなくて済む場合が多いオーガニックコスメを求めるようになったと言えるのでしょう。(もちろん、前述したように巷には「なんちゃってオーガニックコスメ」も溢れており、ここではもちろん「本物のオーガニックコスメ」である事が前提です。)

環境保全の意識が高まった

化粧品には、大変多くの化学物質が含まれています。

化粧品のパッケージの裏面をじっくりご覧になったことがありますか?虫眼鏡で見ないと読めないような小さなカタカナの羅列で埋め尽くされていると思います。

まさに化粧品は「化学物質のカタマリ」と言ってよいくらいのモノなのです。

そしてここ最近、洗顔料やシャンプー、日焼け止めなど、ありとあらゆる化粧品が環境にダメージを与えているという話が取り沙汰されています。

例えば、化粧品に本当によく含まれている「香料」。ものによっては、川や海に流れて生物濃縮を起こし、海洋生物全体にダメージを与えていると懸念の声が挙がっています。

こうした問題を重大視する消費者の消費傾向として、化学物質を極力排除したオーガニックコスメを購入する動きが見受けられるようになってきたのです。

“肌に優しい”というのは嘘?

おそらく、皆さんがご覧になるオーガニックコスメに関する文言で多いのは「肌に優しい」「赤ちゃんにも使える」といったものではないでしょうか。

「本物のオーガニックコスメ」か、冒頭で述べたような「なんちゃってオーガニックコスメ」かどうかはここでは置いておいて、こういった直接的なメリットを感じさせる表現は消費者に響きやすいですね。

ところが、私はこれに関しては「半分正しく、半分言い過ぎ」だと感じています。

化粧品というのは、オーガニックであろうとなかろうと、天然の植物由来のものから、人工的な化学物質まで、非常にたくさんの成分が組み合わさって作られているものです。

なので、何かの化粧品を使用して肌が荒れたとしても、あまりに多くの成分が含まれていては、何がどう作用して肌に炎症を起こしてしまったのかを特定するのは意外と困難です。

オーガニックコスメを積極的に使用している方の中には「化学物質過敏症」がある方も多いと思いますが、自然由来成分100%で、そのうち95%以上がオーガニック成分で、きちんとした認証マークが入っていても、アレルギーや炎症を引き起こす方はいます

その場合考えられるのは、その植物そのものへのアレルギーや炎症反応

化学物質が一切含まれていなくとも、複合的に植物由来成分が含まれていれば、特定の植物の成分が肌にマイナスの作用を引き起こしてしまう事は十分あり得ます。

私も、海外の認証マークが入ったオーガニック乳液で、顔の皮膚がものすごく荒れてしまった経験があります。おそらく、特定の成分が含まれた植物そのものが私の肌に元々合わなかったのだと思われます。

故に、「認証されたオーガニックコスメなら、化学物質過敏症の方にとっては肌に優しいかもしれませんが、特定の植物由来の成分でアレルギー反応や炎症を起こす可能性はある」と言うところを、「オーガニックコスメは植物由来だから肌に優しい」という極端な表現にしてしまうと、個人的には「言い過ぎ」だと感じてしまいます。

単純にメディアの力が大きい

最後は、メディアの力に尽きると思います。

海外のセレブやモデル達が使用しているオーガニックコスメ」などという見出しの入った雑誌やウェブメディアが大変多いですが、オーガニックコスメに適用される法律や罰則が一切ないことや、オーガニックコスメに動物福祉や環境保全などのメリットがあるということをほとんど知らずして、メディアの作った文言に購買意欲を掻き立てられる消費者は多くいると感じています。

メディアの力は人間を大きく動かす程のパワーがあるので、情報の取捨選択をして上手にお付き合いしたいところです。

オーガニックコスメがおすすめされている本当の理由は…

  • 動物実験への反対や、動物由来原料の使用に対する問題意識などの「動物保護」の意識の高まり
  • 化粧品に含まれる化学物質が与える環境へのダメージが知られ始めた
  • 「肌に優しい」というイメージの流布
  • 雑誌やウェブメディアの影響

化粧品の管轄機関は厚生労働省ですが、現在のところ国としてオーガニックコスメの基準を設けるという動きはないのが現状です。国内外の民間団体による認証がその役目を担っていますが、罰則規定などの”縛り”がないことも問題視されています。

現段階では、消費者ができるだけ多くの知識を持ちつつ、自分に合った化粧品を見つけられるようになるのが肝要ではないでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする