オーガニック専門家があえてオーガニックコスメをおすすめしない理由

 

こんにちは!オーガニックコーディネーターオリカです。

私は、このブログでいくつかのオーガニックコスメをご紹介していますが、実をいうと私自身はあまりオーガニックコスメを使用していません。

正確に言うなら、コスメそのものを日常であまり使用していない、というべきなのですが、私がオーガニックコスメを積極的に購入しないのにはいくつかの理由があります。

オーガニックコスメしか使えなくなる

私の昔の肌は、ニキビも酷く、オイリー肌で、すぐに日焼けして炎症し、非常にデリケートな肌質でした。

どんなに高くて有名で良い化粧品を使っても、一向に肌の状態に改善が見られず、そこで使い始めたのがオーガニックコスメでした。

そしてその違いは歴然。

意識してオーガニックコスメを使い始めてからは、ニキビもほとんどできなくなり、「肌がきれいになったね」と言われるように。

よし、もっと美肌を目指そう。と意気込んで、色々なオーガニックコスメを試すようになったのですが、ある時、チェーンの大型ドラッグストアの化粧品コーナーに行き、有名ブランドの化粧品の羅列をなんとなく眺めていた時、ふと、

「こういう化粧品、もう使えない…」

という思いが頭をよぎりました。

普通の化粧品がどういう成分で出来ているのか、オーガニックコスメとの違いは何なのか、動物実験をしているのか、していないのか、環境に配慮しているメーカーなのか、そして何より、実際にこれまで自分が使用してきて得た使用感。

これらを比べた時、普通のコスメにはもう戻れない…。

単純にそう思いました。

正直、オーガニックコスメは普通の化粧品よりもかなり値段が張ります。量も少ない場合が多いです。

こだわりにこだわって、自分の使用するコスメの大半をオーガニックコスメで揃えようと思ったら、金銭的に少し圧迫されるという事が少なからず出てくるのです。

“本物の”オーガニックコスメを選ぶのが難しい

このブログでも何度かお伝えしていますが、実は「オーガニックコスメ」というものには、規格も基準も罰則も何もありません

つまり、言い換えれば「オーガニック成分がほとんど入っていなくても、『オーガニックコスメ』と、メーカーの任意で謳ってしまえる」ということなのです。

海外のオーガニックコスメには、基準をきちんと定めた認証マークが数多く存在するのですが、日本国内産のコスメは、化粧品のオーガニックに関する基準や罰則が明確化されていないので、こういった状況が生まれてしまうのです。

また、認証の有無だけではありません。

オーガニックコスメに使用されている原料の植物に対してアレルギー反応を示す場合もあります。

これは個人個人の体質によって反応する植物に対するアレルギーの出方が異なるので、「オーガニックコスメなのに、炎症が起きた!」という想定外のようなこともあり得るのです。

かと言って、成分表示のカタカナの小さな文字の羅列を見ても、自分の肌に合うか合わないかは、分かりませんよね。

自分の肌にぴったりなものを見つけて、初めて”本物の”オーガニックコスメと言えるでしょう。

化粧品を使わないほうが美肌を実感できる

正直に言いますと、これまでの人生で、そもそも化粧品をほとんど使っていない時期が一番肌の調子が良いと感じており、その美肌効果はオーガニックコスメを使っている時以上に実感しています。

そして、私が今実際に使っているコスメは、以下の4つだけです。

  • 髪、顔、ボディに使えるオーガニックの全身シャンプー
  • 化粧水と乳液代わりの「馬油」(オーガニックラベンダーの精油を混ぜたもの)
  • 自作の日焼け止め
  • オーガニックのポイントメイク

これだけで日常のコスメを全てまかなっています。

美容液もベースメイクもファンデーションもパウダーも使っていません。(別にすっぴんの肌に自信がある、というわけではありません。笑)

最初はかなり抵抗がありましたが、慣れれば全く気になりませんし、逆にファンデーションをつけている時の方が肌が汚く見えることも多々ありました。

化粧品は、極力使わない。オーガニックコスメでも、最低限のものしか使わない。

これくらいでしたら、オーガニックコスメで全てを揃えても、金銭的にそう負担にはなりません。

自分の肌にピッタリ合う、長年愛用できるこだわりのオーガニックコスメを見つけて、少数精鋭に絞って最低限のものを使用する」ことが、美肌への近道ではないかと思っています。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする