“本物の”オーガニックコスメを選ぶために参考にしたい基準

 

こんにちは!オーガニックコーディネーターオリカです。

今回は、「オーガニックコスメのブランドも情報もたくさん有りすぎて、何を基準に選べばいいか分からない!」という方のために、“本物の”オーガニックコスメを選ぶ時の基準をご紹介したいと思います。

化粧品に含まれている危険な成分などの化学的な知識や、化粧品や皮膚に関する専門的な知識がなくても、参考に出来る基準です。

オーガニックコスメ認証マークの有無

私がオーガニックコスメを選ぶ時に基準にしていることの1つが「オーガニックコスメの認証マークの有無」です。

オーガニックコスメの認証団体は官民ともに各国にたくさん存在しますが、そのほとんどが欧米豪の国。

つまり、第三者機関が認証した、食品レベルの厳しいオーガニック基準をクリアしている化粧品は、海外からの輸入に頼っていると言っても過言ではありません。

また、この第三者機関が認証している」というところが大変重要で、メーカーの任意でどれでも「オーガニックコスメ」と表示できる日本の化粧品と、「オーガニックコスメ」という言葉だけの表示だけでなく第三者に認証された「オーガニック認証マーク」のある海外の(特に欧米豪の)化粧品とでは、信頼の度合いが違ってきます。

もちろん、念のため申し上げますが、国産のオーガニックコスメでも認証を得ているメーカーはたくさんありますし、逆に認証を得ていなくても、オーガニック基準に達しているコスメもあることに留意していただきたいです。

逆に、マークのないコスメとの差をつけるという商業戦略は確実に存在するので、「オーガニックコスメ認証マーク」にあまりにも箔をつけすぎて甚だしく高い価格をつけるのも、いかがなものかとも思います。

しかしながら、認証マークがあるというのは、オーガニックコスメそのものの質としてはある程度(かなり)高品質であると言っても差し支えはないでしょう。

認証マークは、国や認証機関によっても基準が若干違うため、どのような認証マークがあるか、主なものを以下の記事にまとめてみましたので、興味のある方はご覧になってください。

成分表示が詳細に書かれているか

「オーガニックコスメ」と表面に表記している化粧品をひっくり返して、裏の成分表示を見てみてください。

商品の裏側にずらずらと書かれている、虫眼鏡で見ないと見えないくらい小さなカタカナの羅列があると思います。

さらに目を凝らして見てみてください。もっと小さな字でそれぞれの成分の横に*マークがあるでしょうか。そして、成分表示の最後に「*オーガニック成分」などと書かれており、パーセンテージ(%)でオーガニック成分の含有量などが書かれているでしょうか。

オーガニックコスメ認証マークがあればどんな基準をクリアしているのかが一目瞭然ですが、無い場合には成分表示を見て、オーガニック成分がどれくらい入っているのか、目安にしてみてください。

ただし、海外から輸入されたオーガニックコスメの場合、日本で流通させる時に表示が日本語に翻訳されているものは、この*マークやオーガニック成分含有率が省略されて翻訳されている場合が大変多いです。(不親切なことに…)

おおよそ、どれくらい消費者に分かりやすく詳細に成分表示を書いてくれているか」というのは、メーカーや販売業者の意識が垣間見えるところでもあると思うので、化粧品を手に取って裏の表示をチェックする癖をつけると、表の表示からは見えてこないものをたくさん見ることが出来ると個人的には思っています。

環境保全、動物保護、フェアトレード等にも配慮しているか

これは持論ですが、本物のオーガニックというのは、その時だけの消費者への直接的なメリットのみにとどまらず、持続可能な生産(つまり、自分たちの次の世代のことも考えているか)や、環境にも配慮しているか、動物保護の意識があるか、世界の子どもたちや生産国の人々に不当な労働をさせていないか、など、ここまで考慮していてはじめて「オーガニック」の商品を消費する意味があると思っています。

そして環境保全、動物保護、フェアトレードや人権的な問題にも配慮していれば、自然と巡り巡って、消費者である私達への直接的なメリットになり得ます

オーガニックコスメに関しても、環境保全推進を示すエコマークや動物実験を実施していないことを示す「NO ANIMAL TESTING」マーク、フェアトレードのマークなど、世界中にたくさんある認証機関から得たマークを付しているコスメが「本物のオーガニックコスメ」であると、個人的には考えています。

商品をひっくり返して裏の表示をじっくり観察してみてください。色々なマークが付いているオーガニックコスメに関しては、どんな意味のあるマークなのか、どんな基準をクリアしているのか、興味のある方は一つひとつ調べてみてください。

「このメーカーは環境保全に力をいれているんだ」「ここは動物保護に意識があるんだ」など、新たな発見があると思います。

一番は、自分の肌に合ったものを使うこと

オーガニックコスメは一人ひとりの肌に合ったものが「本物」だと言えるでしょう。

どんなにたくさん認証マークがあろうと、自分の肌に合わず、肌が荒れてしまっては全く意味がありません。

オーガニックコスメというのは、(まがいもので無ければ)成分のほとんどが植物由来なので、オーガニックであろうと、特定の植物に対してアレルギーや肌荒れを起こしてしまう可能性は十分にあり得ます。

せっかく吟味して厳選したのに、肌に合わなかった、では大変勿体ないですね。

本物のオーガニックコスメに出会いたいなら、まずその第一歩として、自分の肌質について徹底的に知り尽くすことです。

”本物の”オーガニックコスメに出会う方法

  • オーガニックコスメ認証マークがあるか無いかを見る
  • 裏面の表示を目を凝らして見る。特に成分表示の欄をじっくり観察する
  • メーカーが環境保全、動物保護、フェアトレードや人権問題(不当労働など)にも配慮しているかをチェックする
  • 自分の肌について徹底的に知り尽くす

以上のことを参考にして、自分にぴったりのオーガニックコスメを見つけてみてくださいね。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする