「おすすめ」のオーガニックコスメは信用できない!危険な成分が一瞬で分かるサイトをご紹介!

 

こんにちは!オーガニックコーディネーターオリカです。

オーガニックコスメの需要がどんどん拡大しています。

これをご覧になっているみなさんも、きっとオーガニックコスメを使用している方や興味のある方が多いことと思います。

オーガニックコスメの選択肢が多くなるのは、安心・安全を求める消費者としては、とても嬉しいことですね。

かく言う私も、化粧品はほとんど全てオーガニックショップで購入したものを使っています。

結局、”有効成分”がたくさん入った化学物質てんこ盛りの化粧品よりも、植物が持つ自然の「美を引き出す力」を借りた化粧品を使用した方が、よっぽど綺麗になれるという事は、気のせいでもなんでもなく、この身を持って実感しているところです。

しかし!

実は、”オーガニックコスメ“と言われるものには、大きな落とし穴があるのです。

既にオーガニックコスメを使っている方や、オーガニックコスメに興味のある方に是非読んでもらいたい内容になっています。

化学物質がどれだけ使用されていも”オーガニックコスメ”と表示できてしまう!

非常に大きな落とし穴です。

例えば、有機栽培されたハーブが全成分中のたった1%しか入っておらず、他の成分に化学物質がどんなに含まれていたとしても、そのコスメは「オーガニックコスメ」や「自然派化粧品」などと表示が出来てしまう、ということ。

オーガニック農作物やオーガニック加工食品の作り方を厳しく定めた有機JAS規格では、有機JASマーク」が付与された製品だけにしか「オーガニック」や「有機」と表示できない、と法律で定められており、これに違反すれば優良誤認で法にふれてしまいます。

有機JASマーク(農林水産省HPより)

しかし、オーガニックコスメにはこの有機JAS規格のように、製品に「オーガニックコスメ」や「ナチュラル化粧品」、「自然派化粧品」などと表示するのに明確な基準(規準)を定めた法律がなく、その罰則もない。まさにザル状態なのです。

日本には、そういった法律がないためか、オーガニックに詳しい人や化粧品の専門家が見て「オーガニック」や「天然」「ナチュラル」とはほど遠いくらい化学物質が使われていても、「それらしく」表示しているコスメブランドが大変多く存在します

化粧品には成分表示をしなければならないことは法律で定められていますが、一般の消費者がその成分の羅列を見ても、認証マークなどがない限り、その安全性はよっぽどの知識がないとほとんど分かりません。

さらにうがった見方をすると、有機JAS規格やオーガニックに多少の知識がある消費者をターゲットにし、「オーガニック」と製品に記載することにより、商品に箔をつけて通常よりも高額で化粧品を売っているメーカーもある、と個人的には感じています。

そこで今回は、そんな「もういいかげん”本物”のオーガニックコスメを買いたい!」と言う消費者の味方になりそうな、とても便利で使えるサイトがあったのでご紹介します。

こんな神サイト、誰がつくったのか?

そのサイトとは、

美肌マニア

私がオーガニックコスメを選ぶ時にずっと重宝しているサイトです。

百聞は一見にしかず!

見ていただければ分かると思いますが、オーガニックコスメを探す際に、とても参考になるサイトです。

なんと言っても、検索がしやすい

成分から検索」「コスメの種類から検索」「ブランドから検索」と、様々な方法で検索がかけられてとても便利です。

また、詳細検索も充実していて、避けたい成分にチェックを入れれば、その成分が入っていないコスメを探してくれます

そしてその情報量も申し分ありません。

どの化粧品にどんな成分が入っていて、どれが危険な成分なのかが一発で分かるようになっています。また、その商品の写真や、価格、容量も表示されていてとても分かりやすい!

あまりメジャーではないブランドの化粧品まで網羅してくれています。

もちろん、オーガニックコスメのラインナップも大変充実しています。

もう、ほんとに使いやすくて、見やすくて、情報量も申し分なく、本当に誰が作ったのか?というくらい素晴らしいサイトです

ちなみに、この神サイト「美肌マニア」は私のこのブログとは何の関係もありません。(笑)私が勝手におすすめしているだけです。

最後に

食品添加物や農薬が経口吸収されると人体への危険性が疑われるという話は、かなり周知されつつあります。

しかし、経口吸収された食品添加物や農薬などの化学物質は、肝臓で分解されて体外に排出される割合が多く、それよりも問題なのは、皮膚に直接作用する化粧品に含まれ、「経皮吸収」される化学物質のほうだと言われています。

経皮吸収された化学物質は、厄介なことに肝臓でなかなか分解されにくく、体の各部位に蓄積されていきます

消費者には「知る権利」がある。

本物のオーガニックコスメを選ぶ「知識」こそが、私たち消費者にとって大切なものではないでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の記事に関してご質問がある方は、お気軽にお問合せくださいね。

オリカのプロフィールはこちら

この記事をシェアする